子犬のおもちゃや遊び方

ホワイトシェパードの子犬画像。グッズや遊び方について。
主になんですが、成犬と遊ぶときにつかっている便利なものがあります。
画面のほぼ中央にいるモネを育てるときも愛用したものです。
興奮して遊ばせるのではなく冷静に判断できるくらいの喜びを持つ状態で。つまり集中力を磨くためのグッズですね、それを紹介したいと思います。
成犬になってもおもちゃに対して興味を持っていない子っているじゃないですか。ボール投げでもそうですが、これって意外と簡単に興味を持たせることができるんですよね。
そんな中で愛犬たちにもっとも好評だったのが犬のおもちゃ 。これなのです。・・・これってこんなに安くなかったような・・・・、ペットショップで購入したのですが、こんなに安くなかったんですよね・・・。
これを使うと、ただ上下に咬むだけじゃなく、色々な方向から咬みますので興味を持ち、このおもちゃに対して集中力が増すんですよね。そしてこのボールを投げて遊ぶと喜んで遊んでいます。ちょうどいい跳ね返り方でこれならガラスを割らなくてすむ・・・。
実は私はボールを使って何度もガラスを割ったことがあるのです・・・・。あの跳ね返りが恐ろしい・・・。
まあこのおもちゃに集中させて飼い主の目を見つめてくるアイコンタクトをとるようにするためにこれを利用しているんですけど、
意外と長持ちするんですよね。テニスボールだと一日も持たないし、軟式ボールでも一日持たない日だってあるんですよね。 気の柔らかいおもちゃなんて瞬殺です。こんなものがお腹にはいると、超を刺激され下痢・軟便になるんですよ。それならばこの突起の突いたおもちゃって便利が良いんですよね。投げても遊べるし、良い刺激が心地よいのか、ずっとこのおもちゃで遊んでいるんですよね。
こうやってものに対する欲を出させ、そして集中してボール投げをする。これが反応の良い子の育て方。
皆さんご存じだと思いますが、ホワイトシェパードの集まりの時、どなたかがボールを持ち出すと、いつの間にかモネたちはその場に行って一緒になって・・・といいますか、主役張っていますよね・・・。
このときにお感じになったともいますが、この集中力も信頼関係を築く一つの方法でもあるのです。ボールから飼い主に意識を持ってこさせるために、私も利用している遊びなのです。
それともう一つ、綱引き用ロープ 。これはよく考えているんですよね、紐状ですからお腹の中に入っても出てくるんですよね。これが布だと大きさによっては腸に詰まってしまうこともありえますからね。
実際靴下を飲み込んで、どうしても出てこないから手術を受けた子もいるんですよね、ホワイトシェパードで。
これも集中力を高め、そしてアイコンタクトと取る上でとても便利なグッズです。このようなおもちゃを使って愛犬との意思の疎通を図り、信頼関係を築き上げていくのです。
・・・と申しましても、じつはこのおもちゃ、モネとソニック、アローくらいしか使っていなかったのです・・・。
それまでは、こういったグッズを利用して遊びながら関係を築いていったのですが、今はこのようなものを必要としない関係の築き方を知っていますので・・・。
でも、その信頼関係がどれほど出来ているか、このようなおもちゃでテストしているのです。
綱引きの仕方は、別サイトに書いています(確か・・・。)そこで遊び方をご覧になって、是非信頼関係をしっかりとしたものにしてください。
※これはあくまでも信頼関係を築くための使い方をしているためであり、ただ単にボール遊び、綱引き遊びとして一緒に遊んでいると、信頼関係が築けるのか確かではありません。

This web site is Japanese only.Copyright©2003-2014 White Shepherds Alwayshere All rights reserved. Designed for Internet Explorer6.0 or higher.

大型犬ホワイトシェパード専門犬舎がこっそりお教えする、知っていて得するペット情報!

アクセスカウンター

ソフトバンクのCMでお馴染みの白い犬ホワイトシェパードの専門犬舎として大型犬ホワイトシェパードに拘りを持ち、ホワイトシェパードのスタイルを追求するだけでなく、室内飼育できるような穏やかな性格を持つ仔犬に育てる為に刷込期間を大切に考えております。”ただの白い犬”ではありません!