消臭と消毒の正しい使い方

消毒・消臭剤の正しい使い方を説明宣伝ではありませんが
今回、オリジナルの消臭・消毒スプレーを商品化しました。
理由は一つ。「ペット用は高い!」
これは我々と協力していただきました会社の皆さんのおかげです。
まずは犬にスプレーして消臭と減菌とノミダニを死滅・減少・予防、それに汚れ落としを目的とした商品です。
ここで一つ気になったことがありませんか?
減菌。減菌とは文字通り細菌を減らすこと。殺菌とは細菌の死滅のこと。
犬にそのような殺菌までを目的とした材料で使うと、怖いですよね。
ですから、犬にも優しく、そして最も効果的な容量を見極めて開発したものです。
まあ、私ではありませんが、グッズ販売の相棒がせっせと電話して打ち合わせしながらようやくサンプルが届き、私の元に持ってきたのですが、最初の感想。
これ本当に効くの?
まあ、モノは試しと、ちょうど発情中で部屋で大人しく過ごさせていたブルーローズに試してみたところ、あの独特の発情中の匂いが消え始めた・・・。しかし・・・う~ん、自分の鼻を疑っていましたので、とりあえず白いタオルで拭いてみたところ、結構汚れがタオルにつくんですよね~。
ほら!相棒に言われましても、なんだか大丈夫か信じられずに・・・。
「でもミントのニオイしないじゃない。本当にこれに入ってるの?」「使えば解る!」
・・・今、使っていて解らなかったから言ったのに・・・。
そして半乾きのまま自然乾燥へ。
すると・・・、なんだか白くなってきたような・・・、匂いもしなくなってきたような・・・・、あれ?ミントの匂いがかすかにするし・・・。
何か訳の解らないことを説明し始める相棒。
その話の中でピン!ときたんです。
「あのですね、コレって倍でも犬に大丈夫なんですか?」つまり内容をより濃いものにしたかったんですよね。
「うん、業者さんも大丈夫って言っていた。」
「なら倍にしましょう!」
「ぇえ!!お前せっかくサンプル届いたのに、またサンプル頼むのか!!」方言が強いかたですので訳していますが・・。
「うん!何度も試さないとね」
「うそつけ!お前がそんなことするはずがない!いっつも適当に良いかって決めてるやろ!」
こと、犬に関しては何度も繰り返しをおこなう私。これだけは譲れない。
「もう良いから、また頼んでおいて!」
「お前~、オレもまだ一度も試してないのに、また頼むんか~・・・。」
頑張って♪
まあそんなことがありまして、またサンプルが到着。
「お前、これで何度目や・・・。もうこれでいいやろ・・・。」
「いや、使ってみないと解らないでしょ。」
「もういや!オレはもう電話しない!後はお前がしろ!!」
キレられた・・・。
まあとりあえず側にいたモネを・・・。モネって出産のたびお腹の毛が焦茶に変色するんですよね。
これが本当に取れたら商品化しても良いかな・・・。そう思いながら、その部分だけスプレーしてみました。そしてすぐにティッシュで拭き取ったのですが、結構取れているんですよね。
「こっちのほうが良いんじゃないですか?」
「でもお前、単純に考えろよ、倍の濃度を頼んだら、単純に倍の金額かかるやないか!」
「良いじゃない、コスト削減すれば」
「じゃあどうするんや」
「それは僕が考える事じゃないもん」
「オレや!」
「そう!」
「・・・・うん。」
そんなこと話ながら、モネのお腹を見ていると、目の錯覚か・・・、漂白しているし・・・。
洗っても取れなかったのに、しっかり白くなっている!
「これ漂白剤入ってるでしょ!」
「馬鹿かお前!そんなもん入れたら犬に使えないやろ!」
「これは天然抽出成分のから・・・。」
「解った!それは何度も聞いた!じゃあコレでしましょう!後はよろしくね」
「ラベルは?」
「考えておいてください。」
「はあ?これもオレがするのか?」
「当たり前でしょ、販売担当はグッズを仕入れなければいけないでしょ」
「え~!」
ということで、また色々な業者に電話する日々が続き、そしてようやく実現しました。
殺菌と減菌は違います。殺菌できるような商品は犬に使えません。
これは消臭と汚れ落としとノミダニの予防を狙った商品です。
消臭、文字通り匂いを消すこと。
減菌。これは文字通り細菌を減らすこと。
殺菌ではありません。
殺菌はペットには使わずに、愛犬が住んでいる環境をより安心して過ごせるように消毒殺菌するのは、室内用と屋外用の消臭スプレー。
これは文字通りウィルスや細菌を死滅させる濃度の水溶液を準備いたしました。
本当はこれの数倍から数十倍以上薄めても、犬に怖いパルボウィルスなどのウィルスを完全に死滅させることができるものなのですが、この使い方は、スプレーの噴霧したムラを防ぐために、最初濡れタオルで床などを充分に濡らしてスプレーをする目的として設定した濃度です。ですから勝手に水で薄めたりしますと、殺菌できません。
しかも、水で薄めることにより、水溶液の殺菌力が完全に減少します。水溶液の成分が分解されてしまうのです。ですので、そのままスプレーをしなければなりません。
どのようなときに使うかというと、
犬やネコのウンコって臭いですよね?あれってバクテリアが原因なんです。つまり腸内細菌ですね。ウンコにもおびただしい細菌が住み着いているわけですから、その細菌を消毒することによって、消臭効果が生まれるのです。
しかも、安全ですし。スプレー内の水溶液も完全に分解される成分ですから、家庭に優しいエコ商品なんです。今流行りの。
そうやって排泄物や嘔吐物・・・あ、嘔吐物って非常に危険ですよね・・・。
そう言えば、ノロウィルスなんかで嘔吐した際の嘔吐物にたっぷり含まれていますから、拭き取る前にスプレーして、そして拭き取るとウィルスを消毒してくれますので、安心して拭き取れます。まあ10分程度置いておけば大丈夫です。
犬だって原因が何だか解らないため、特にウィルスや細菌性の下痢・嘔吐がある場合は、速やかに消毒をおこなって下さい。そして排泄物を処理した後、更に床に吹きかけ、念入りに消毒をおこなってください。
実は私も角結膜炎というウィルス性の病気に感染してしまい、現在(2010/2/6)でも完治しておりません・・。年始めに感染してしまい、そして私が扱ったものを通して、更に被害者を数人だしてしまいました。
ウィルスや細菌といった目に見えないものに対しての予防も含め、定期的な消毒をおこなうと、とても安心です。
屋外用はさらにレベルを上げています。もっと濃度を濃くし、コンクリートや地面を水で濡らし、深くまで浸透させ、
そしてスプレーすることにより、コンクリートや地面の深くまで浸透し、そしてウィルスや細菌を消毒できるようにしました。
コンクリートや地面の表面だけ消毒しても、土中やコンクリート内部には、まだまだウィルスや細菌が生き残っています。
ましてやパルボは二年間そのままでも生き続けるくらいとても強い感染力があるのです。
これを根こそぎ消毒するためには、普通の消毒薬を使っても無理でしょう。しかも成分が残留するわけですから。
目に見えないものとの闘い。
これが消毒なんです。消臭はついでに消臭してくれると思われて下さい。
大切なのは消毒なのです。
嘔吐物や排泄物には、何かが潜んでいます。よく愛犬が下痢の時、自分も下痢になる。そのような方は、下痢を片付けているときに、手に付着し、感染した可能性がとっても高いのです。

他では味わえない!ホワイトシェパード関連情報

This web site is Japanese only.Copyright©2003-2014 White Shepherds Alwayshere All rights reserved. Designed for Internet Explorer6.0 or higher.

大型犬ホワイトシェパード子犬販売 ホワイトシェパード専門犬舎通販だからこそできる仔犬販売後の徹底したサポートの提供を心がけております

アクセスカウンター

ソフトバンクのCMでお馴染みの白い犬ホワイトシェパードの専門犬舎として大型犬ホワイトシェパードに拘りを持ち、ホワイトシェパードのスタイルを追求するだけでなく、室内飼育できるような穏やかな性格を持つ仔犬に育てる為に刷込期間を大切に考えております。”ただの白い犬”ではありません!