犬の飼育について

犬の飼育。言葉でしかたなく使っているのですが、飼育なんて言葉は絶対にそう思っていないはず。言葉で表現
実際に犬を飼育されていらっしゃる方、どうです?この「飼育」とか「飼う」といった言葉使っていますか?
特に当犬舎の出身のホワイトシェパードとお過ごしの方、いかがですか?
一緒に過ごしているとしか思っていらっしゃらないのでは?
不思議な魅力なのです。犬が持つ、とくにこのホワイトシェパードという犬種には、もっと深い秘められた何かを持っているとさえ思っていらっしゃる方が多いようです。
実際に長渕剛さんにお会いして、長渕さんの口からホワイトシェパードは何か持っているよねって言われたとき、「やっぱりそう思いますよね~」そう思えて仕方なかったんです。
犬を飼う・飼育するという表現は、サイトの重要なキーワードですので、いたるところに記述しておりますが、検索で表示されるためには、どうしても使わないと行けない言葉なんですよ・・・。それと犬とかイヌとかもそうなのです。
でもやっぱり犬なんて思えないし、ましてや飼育するや飼っているなんて言葉も使いたくないくらいですよね。
理解する能力はずば抜けて高い犬種です。
みなさんお電話いただくとき、必ずお利口さんですとか、信じられないとかおっしゃっているんですよね。
本当に信じられない事件がありました。
その方のお宅は都心部のマンションで、駒沢公園の近く。
ご夫婦でホワイトシェパードの女の子を「飼育」していらっしゃいます。
ある時、ご夫婦で実家に帰られましたところ、ご近所の方から電話がかかってきて、マンションで留守番をしていた子が、マンションのドアのカギも開けて脱走して、いつも楽しく遊んでいる駒沢公園に走っていったそうで、大きな道二つほど横切らなければならないのですが、そこも一直線に走っていき、通行中の車の急ブレーキ・・・相当だったそうで・・・。
そしていつも楽しく遊んでいる芝生の上でじっと待っていたそうで、その子の行き先はあそこしかない!そう思われてご夫婦が到着したところ、芝生のど真ん中にお座りをして、その周囲を遠巻きにたくさんの方が眺めていたそうで・・・。無事で何よりでした。
何を申したいかというと、そこまで愛情いっぱいなのです。あなたと離れたくない!あなたの側にいたい!
毎日散歩して遊んでいたあそこに行けば、大好きなお父さんお母さんに逢える。そう思ったのでしょうか、結果、その通りになりましたが。
その頃はけっこうお電話いただいておりましたが、
その後、その子のために自然がいっぱいな場所を見つけられて、そこに引っ越されました。
数度お電話をいただいたのですが、その子が幸せそうに土の上、自然の中で遊ぶうちに、だんだんと行動も変化し、心の成長も急激に変化していったようです。
それからは年に数回お電話があるくらい・・・。
悩みがとても減ったのは良いことで嬉しいかぎりですが、でも・・・やっぱり寂しいですよね・・。
とまあ、そのくらいその子のことを大切にされていらっしゃる方で、犬なんて思えない、人ですよっておっしゃったこと良く覚えています。飼育なんていう言葉が当てはまらないのが、このホワイトシェパードなんですよね。
親密に付き合えば付き合うほど、私のことを観察して覚えていくんですよね。
いつの間にか私の心までも読み取るんですよ。私の表情の変化でその子の顔色が変わるほどですから。
ずっと私たちのことを見ているでしょ?
この犬種ってこの人が一番だ!って思えば、その人以外見えなくなるんですよね。
だからでしょうか、もうそう思われていると感じたとき、犬なんて、ましてや飼育しているなんて言葉がでてこないんですよね。
ですから、「この人」って言ってしまうんですよね~。

他では味わえない!ホワイトシェパード関連情報

This web site is Japanese only.Copyright©2003-2014 White Shepherds Alwayshere All rights reserved. Designed for Internet Explorer6.0 or higher.

大型犬ホワイトシェパード子犬販売 ホワイトシェパード専門犬舎通販だからこそできる仔犬販売後の徹底したサポートの提供を心がけております

アクセスカウンター

ソフトバンクのCMでお馴染みの白い犬ホワイトシェパードの専門犬舎として大型犬ホワイトシェパードに拘りを持ち、ホワイトシェパードのスタイルを追求するだけでなく、室内飼育できるような穏やかな性格を持つ仔犬に育てる為に刷込期間を大切に考えております。”ただの白い犬”ではありません!