犬の無駄吠え防止法

人に吠えるときの対処法。いくつも理由はあるんですよね
これがまたたくさん理由がありますよね~。
1.恐怖からの無駄吠え
2.飼い主が側から離れたとき。
3.何かを見て吠える
4.要求吠え
5.とにかく吠える
まあ、いくつもあってキリがありません。
1の恐怖からのムダ吠えは、別のページに書いていますとおり。
2の飼い主が側から離れていったときに吠える。
これは甲高いツヤのある吠え方しますよね~。飼い主への依存からなる無駄吠えなんですが、まあいいじゃないですか、それだけ愛されているってことで。でも、このようなときって不安いっぱいになったときで、最初からずっと吠えているのは、甘やかしからなる無駄吠え(まったく作っていない吠え方)か、不安・恐怖をいっぱい持っているとき(甲高く吠えますね)。
まあ、ずっと飼い主の側から離れ、我慢できなくなって吠えるぶんには仕方ない。でも、そのときハイハイって近づいていくと、こうやって吠えれば飼い主はすぐに来てくれるって覚えてしまうのもダメですよね。
私、こうやってお勉強会やっていて、この画像の子モネが常についてきますからね。だって他の子だけを連れて行くと、焼きもちをもの凄く焼くんですよね・・・。ですからお勉強会に邪魔にはなりませんので、この子を連れて行くのですが、今二人映っているでしょ?こうやってずっと待つのを教えています。
最初は、ボール遊びからですかね、待てを教えて、マテをさせて徐々に距離を取り、そしてボールを投げる。
喜びを持たせて教えていくと、心に余裕があるため、しっかりと覚えていくんですよね。
我慢して待てばいいのですから。このときもギャラリーが大勢で携帯撮影していたので、かなり長い時間このままでした。でもぞっとこうやって二人で待っていられるんです。
確かに不安な顔をしたりしていましたが、待つことに対しての不安を与えずに、喜びか教えた待てが良かったんですよね。
まあ、心に余裕を作るように、他のページでも書いているとおり、信頼関係を築き、そして頼りとされる親(飼い主)になると、無駄吠えもなくなりますし、要求吠えも次第としなくなるんですよね。
要求吠えって、大きく分けて二種類あるんです。ひとつは、ただの我が儘吠え。そして信頼関係が成立しているときの無駄吠え。
・・・まあムダ吠えといってよいか解りませんが。これに不安を持っている子、つまりその場での過ごし方を理解していない子ですね。
これが加わると、そりゃ~凄いですからね~。恐怖を持っていると、逆に黙って身体を小さくして震えていますが、この恐怖が心の中で耐えることができなくなると、攻撃的な吠え方(まあ咬んでしまいますよね・・・。)に変わるんです。
いずれにしてもこの無駄吠えのほとんどすべての原因が、飼い主との信頼関係なんですよね・・・。
恐怖に支配された無駄吠えも、結局は飼い主との関係が出来ていないからで、本来なら飼い主に頼らなければならないのに、飼い主を頼りとしていないため、自分の身は自分で守る・・・。こうなるんです。
散歩中の無駄吠えもそうです。他の犬が歩いているとき、人を見たとき、それにネコだって・・・。
これも頼りとされていないからなんです。
あと、我が儘な吠え方する子っていますよね、外に出して欲しいときやその場から離れたいとき、何か早くして欲しいときとか。これも確実に飼い主を認めていないからなんです。ですから吠えたら飼い主が言うことを聞く。
・・・立場が完全に逆なんです。注意したら吠えなくなるのではなく、ずっと果てしなく吠える。
これも信頼関係ができれば知らない間に無駄吠えしなくなるのです。
無駄吠えをするから注意する。しかしまるっきり無視。
こういう子は果てしなく引っ張る・飼い主に要求するために歯を立てる。違います?
その誤った関係を間違いだと正すためには、・・・・別の同じコンテンツをご覧下さい。
犬の飼育。すべてはそこから始まるのです。それができるようになると、とっても簡単なんですよね。
大型犬ホワイトシェパードを同時に11頭散歩の新記録を作ったんですが、どうしてできるかっていうと、
認められているからなのです、認められると常に飼い主に対して意識して歩くことが出来る。
犬同士のケンカを止められないのも、じつはそうなんです。
飼い主が目の前にいてうなり声をあげているとき、注意したら冷静になれる。
飼い主との信頼関係ができているからこそです。
この信頼関係とは、非常に重要なことなんです。
無駄吠えすると、そのことに対して注意しますが、じつはまったく信頼関係が成立していないからなのです。
普段からの付き合いを変えないと、なかなか良くならないですよ~。
聞いたことありません?
「訓練士さんと散歩するときは、まったく吠えず引っ張らずに歩けるのに、私だともの凄く引っ張るし、向こうから来た犬に吠えかかって攻撃しようとする」
もう百五十万以上使って訓練していたらしいです・・・。
訓練士さんも付き合い方を教えてあげれば良いのに・・・。
まあ、ウチも良く吠えますよ~!!
あれだけの数がいて、そして余所から交配とかなんちゃらで預かっている子が、しっかり教えてくれたんですよね・・・・。無駄吠えを・・・。
でも注意すれば、意識が私のほうへ移り、そして私の感情を読み取るように見てきます。そうすると冷静になれるんです。
その関係を作り、そして吠えると注意して冷静にさせる。そうなると吠えると注意されることを覚えていき、徐々に減ってきますから。
興奮している状態・恐怖に支配されている状態では、教えることが決して出来ません。
まずは冷静に判断できる心の余裕を育てることです。心の成長を促す付き合い方・接し方、そして経験をさせるのです。
これが無駄吠えを止めさせるだけでなく、引っ張りグセ、呼び戻しなどがかんたんにできるようになります。
まあ、ほかでもこの関係を作るやり方を書いていますので、どうぞお読み下さい。

他では味わえない!ホワイトシェパード関連情報

This web site is Japanese only.Copyright©2003-2014 White Shepherds Alwayshere All rights reserved. Designed for Internet Explorer6.0 or higher.

大型犬ホワイトシェパード子犬販売 ホワイトシェパード専門犬舎通販だからこそできる仔犬販売後の徹底したサポートの提供を心がけております

アクセスカウンター

ソフトバンクのCMでお馴染みの白い犬ホワイトシェパードの専門犬舎として大型犬ホワイトシェパードに拘りを持ち、ホワイトシェパードのスタイルを追求するだけでなく、室内飼育できるような穏やかな性格を持つ仔犬に育てる為に刷込期間を大切に考えております。”ただの白い犬”ではありません!