しつけの考え方

しつけの考え方。本や知識に頼らない。
しつけで悩んでいらっしゃる方、おおいですよね・・・。
ちなみにグーグルでは「しつけ」というキーワードで一月のキーワード検索が201,000件 ヤフーでは・・・・解らない。でもグーグルよりも「しつけ」とうキーワードで調べる方は多いはず。だってこのサイトのアクセス数を見ても、グーグルで検索する方が3割、ヤフーでは6割、その他残り。
まあ、倍と考えて400,000件ほどでしょう。
そのくらい「しつけ」って調べられているんですよね。
まあ、この中に「犬 しつけ」がグーグルで90,500件、「チワワ しつけ」で2,900件、「子犬 しつけ」で6,600件。
まあ、ざっと電卓片手に犬の「しつけ」に関するキーワードをグーグルで検索した回数、ざっと185,600件以上。
しかも、圧倒的に多いのが、「チワワ しつけ」なんですね、それからポメラニアン、ダックスなんかも相当多いみたいですね。ただ、意外だったのが大きな犬で、ラブラドールやゴールデンなんかもちらほら。
キーワードで検索していてしつけと言う言葉がだんぜん多いのは小型犬。まあ、数からいってそうなんでしょうけど、甘噛みとかも多かったですね~。さすがに小型犬の名前で引っ張るってキーワードがなかったのが以外・・。もしくは検索数が極端に少ないか。
そしてどれもこれも犬の「しつけ」に関することばかり。調べていて面白かったのが「女 しつけ」♪結構いるんですね~・・・。
そして私が言っている言葉「信頼関係」に関する犬のキーワード数は・・・ゼロ?
ただ、主従関係がこれにあたるかな?1300件。
これはいったいどういう事か考えてみましょう。
特に相当な数を占めていたのが、小型犬に関するしつけのことばかり。そのほとんどが、犬種を書いてのしつけばかり。どういう事?そう思いませんか?犬のしつけなら解りますが、それぞれの犬種のしつけを検索されていらっしゃいます。ヨークシャとかダックス、チワワ、ボストン、ブルドッグetc・・・。
違うんですよね・・・、考え方が・・・。
しかも信頼関係という言葉がまったくないのが不思議なんです。やっぱりそこまで感じていないんじゃないかな・・・。小型犬の購入は、気軽にって。
まあ、簡単ですよ、ウチのサクラ・・、まあ雑種のちっこいヤツですが、刷り込みが入った子っていうのは、まったく大丈夫。引っ張りもしないし。
でも「大型犬 引っ張る」とか「大型犬 吠える」って多いんですよね、大型犬のキーワードとしてみた場合。
おそらく皆さん、本とか今までに聞いた情報で勘違いされているんですよ。
しつけの前には、信頼関係があってこそなんです。ですから間違ったしつけをしてしまい、言葉が人間化している小型犬が圧倒的に多いんです。ドッグラン行ったら解るでしょ?抱っこされてたり・・・。やかましく飼い主の上で吠えたてて・・・。
私、ダックスよりも小さなサクラは母親任せ。ただ群れの中にいて、そして夜一緒にいるだけの触れ合いだけですね。後は母と一緒に寝たりなんかしていますが、まあ、ほったらかし。
それでも私の言葉にはしっかりと従うんですよ。他の家族よりも。散歩も引っ張らないし、まったく人を咬んだり吠えたりすることなく。まあ、歓迎の挨拶はしますよ。その程度です。
これはどうしてか、それは先に信頼関係があるからなのです。そしてその信頼関係を作るには、愛犬から頼られなければいけません。愛犬から頼られるようになるには、飼い主と愛犬の付き合い方から考えなければいけないのです。まず本の通りの付き合いしていても、ほとんどがダメ。だってその前に必要な信頼関係の作り方がまるでなっていないから。
そして人から聞いて得た情報は間違いだらけ。
泣きながら電話があって、引っ張ることに対して、去勢しろだとか訓練に出さないといけないだとか言われる訳なんですよ。そしてこのサイトの存在を知って、いてもたってもいられずすみませんとお電話あるわけなんですよ。
まあ、まったく犬種違いですけどね。
去勢?訓練?訓練に出してもまったく言うことを聞かなかったって言われる方いらっしゃいますよね。
だって、信頼関係を築くことされていらっしゃらなくて、それでただ引っ張らなく散歩できたらですとか、吠えないようにですとか、他の犬と仲良くなるようにですとか・・・。
う~ん、違う・・・。
まあ、訓練士さんはお解りでしょうね。その後どうなりそうかって。
それで言われるわけですよ、「犬は忘れるから命令とかしっかりやること」
違うって・・・。
それは信頼関係を築けなかったから、犬がやらなくなっただけなんです。命令に従わなくても良い飼い主さんだって。だって今まではしっかりとやっていた命令を、飼い主さんの態度・付き合い方のせいで、「あ~、この人はしっかりしなくても大丈夫なんだ」って、結局は楽できて自分の思いを主張できるほうを選んでしまうわけなんですよ。
訓練しないといけないのは、信頼関係を築けなかっただけで、それを訓練士さんに求めてしまっているんです。
まあ、訓練士さんはプロですから、その子との信頼関係を築きますよね。しっかりと。
頼れる存在だと思いますよね。
だからなんです。訓練士さんのいうことは良く聞くけど、私のいうことは聞かない。
だからなんですよ、もう一回訓練して。そしてその場で訓練士さんが命令するんですよ。そしたらビシっと従って・・・。飼い主さんはあれ?って思うでしょ?忘れてないですよね?命令を。
本当だったら自分の子との信頼関係を築くやり方を教えなければいけないんですよ。それが訓練。
その訓練は結局は愛犬ではなくて、飼い主に対してなんですよ。
信頼関係とは愛犬から認められることなんです。愛犬も同じ犬として考えていませんから、別の生き物ってしっかりと認識していますから。ただし、刷り込みが入っていない子はわけ解りませんが・・・。
そういったことで、「しつけ」と検索されていらっしゃる方の多くの悩みは「問題行動」なんですね。
「しつけ」「問題行動」「信頼関係」をぐちゃぐちゃに同一としてまとめすぎてしまったんですよね。
わけ解らない犬の情報に・・・。
まずは「信頼関係」それさえ出来れば、「問題行動」や「しつけ」なんて考えなくて良いのです。
問題行動の多くは、信頼関係を築いた時点でほぼ解消されます。
そして吠えグセなどはその間についてしまったクセですから、そのクセをとるための付き合い方をすればよいのです。まあ、信頼関係が成立してくると、次第にクセに対しても注意すれば治まるようになってきますので。
このサイトの存在に検索して気づかれた方は、「信頼関係」とは「しつけ」とは「問題行動」とはを分離させて考えてみて下さい。このサイトの至る所に答えが書いてありますから。

他では味わえない!ホワイトシェパード関連情報

This web site is Japanese only.Copyright©2003-2014 White Shepherds Alwayshere All rights reserved. Designed for Internet Explorer6.0 or higher.

大型犬ホワイトシェパード子犬販売 ホワイトシェパード専門犬舎通販だからこそできる仔犬販売後の徹底したサポートの提供を心がけております

アクセスカウンター

ソフトバンクのCMでお馴染みの白い犬ホワイトシェパードの専門犬舎として大型犬ホワイトシェパードに拘りを持ち、ホワイトシェパードのスタイルを追求するだけでなく、室内飼育できるような穏やかな性格を持つ仔犬に育てる為に刷込期間を大切に考えております。”ただの白い犬”ではありません!