信頼関係~知ってて得するペット情報・犬の飼育編~

犬との信頼関係について犬との信頼関係
お互いに信頼し合った者同士の関係は、とにかく強い絆で結ばれています。
これは他人ではどうしようもない強力な関係です。
愛犬と飼い主。犬と人間。いくら異なる生き物でも、この信頼関係は築けるのです。
但し、それには一つ重要なことがあります。
【愛犬に認めて貰う】こと。
これが最も重要であり、やり方が解らないものなのです。
皆さんはおそらくこのことで悩んであるはずです。
愛犬に認めて貰うということは、飼い主の方が【上位の立場】であるということ。
人間に対し友好的な犬が、飼い主の立場というものは上だとはっきりと自覚していなければなりません。
それには愛犬に認めて貰うしかありません。
ただ、これで勘違いしている方も多いはず。
今のペット飼育の現状で、人間側から考えていることばかりが目立ちます。
体罰的要素を含んだいぬのしつけ。これには限界があります。
本当の意味で心から信頼しあえる仲になるには、いったいどうしたらよいか。
まずは愛犬の気持ちを聞くことです。
これによってムダ吠え、引っ張りグセ、人に威嚇・かみ癖などの問題行動に対しての対処の仕方も見えてきますし、体罰的要素を含んだ犬のしつけをおこなわずに済むのです。
犬同士が言葉を交わすとき、声だけだと思いますか?様々な仕草・行動によって確実に相手に対し、自分の気持ちを伝えているのです。
それが届かない犬は、刷り込みの入っていない犬か、心の成長が不足している犬なのです。

犬との信頼関係についてある程度の時期がくると、このように子犬たちは兄弟姉妹と無邪気にじゃれ合います。そして咬み加減・じゃれ合うときの感情表現の仕方を覚えます。つまり遊び方です。
そして母犬とじゃれ合います。時には母犬がお腹を見せ、子犬たちを遊びに誘ったりする光景を見ます。
そして最後は群れの成犬のオスに上下関係を強く教え込まれます。そのときに、どのようにしたら怒られるかなどをしっかりと学びます。
こうやって犬という生き物は、自分の感情表現の仕方をみにつけていくのです。
ですから、色々な感情・気持ち・思いを飼い主である人間に打ち明けているのです。
それを気づけき、犬の言葉を理解して愛犬に注意をしたり、愛犬の不安や不満を上手に解放すれば、次第に愛犬に認められてくるのです。
そうなると愛犬は常に飼い主の存在をしっかりと把握しています。ひと声、声をかけただけで、しっかりと飼い主の言葉に反応するようになります。

犬との信頼関係についてまずは愛犬の心の成長を知り、そして愛犬の心が人間社会に上手に適応していっているか、適応していないならば、それが愛犬の心の成長を止めてしまっている理由を考え、そこで愛犬に心の成長を促す付き合いをすれば、信頼関係もできてきます。
信頼関係ができあがると、自由な行動を取らせることもできますし、飼い主の言葉の意味をしっかりと理解しますので、
このような画像が撮影できるのです。
信頼関係が出来ると、飼い主さえいれば他の人はどうでも良いと思うのが、この犬種であり犬なのです。
お互いの信頼関係は、まずは愛犬に飼い主として認めてもらい、それからお互いに認め合うことから始まります。
愛犬は毎日飼い主であるあなたをしっかりと観察し、ちょっとした微妙な仕草で、飼い主の気持ちを理解するようになります。そして愛犬は飼い主のことを信頼していくのです。

知ってて得する?ペット情報

犬の給餌・エサ・ドッグフード

  • ドッグフードの選び方
  • ドライフードの与え方
  • 軟便・下痢のとき
  • 犬の肥満
  • 与える水について

質問にお答えします。

  • おしっこが長い犬
  • かゆがる・脂性・毛が禿げる
  • あしをかばう・引きずる
  • 散歩に行きたがらない
  • 散歩中に吼える

This web site is Japanese only.Copyright©2003-2014 White Shepherds Alwayshere All rights reserved. Designed for Internet Explorer6.0 or higher.

大型犬ホワイトシェパード子犬販売 ホワイトシェパード専門犬舎通販だからこそできる仔犬販売後の徹底したサポートの提供を心がけております

アクセスカウンター

ソフトバンクのCMでお馴染みの白い犬ホワイトシェパードの専門犬舎として大型犬ホワイトシェパードに拘りを持ち、ホワイトシェパードのスタイルを追求するだけでなく、室内飼育できるような穏やかな性格を持つ仔犬に育てる為に刷込期間を大切に考えております。”ただの白い犬”ではありません!