散歩の仕方について~知ってて得するペット情報・犬の飼育編~

犬の散歩の仕方について散歩をするとき
今ではおこなえなくなった自転車での散歩。(自転車運動推奨!ただし捕まらないように。)
法律で決まっていまして、このような画像の撮影がおこなわれなくなりました。
この画像、余裕を見せるべく2頭の男の子(オス犬)と1頭の女の子(メス犬)を同時に、しかも小学生以来やったことのない、手放しでのピースに恐怖を覚えた表情となってしまいました・・・。
バランス感覚が大変劣っている私でも、このように3頭の成犬をまとめて自転車で連れて行くことができます。
そのコツは、散歩時に変なクセをつけないこと。
まあ、変なクセと申しましても、引っ張りグセと散歩時の姿勢ですけど、
この二つを教えなければ、もしくは修正かけていけば、こんな恐怖を感じてもできるようになるのです。
その証拠写真です。

犬の散歩の仕方についてさて、このくらいのことは朝飯前。6頭の成犬の散歩。こんな感じで力もいらない散歩です。
こんな事が出来るのも、一頭一頭ちゃんと散歩のリズムを教えたからなのです。最大で8頭まで連れて行ったことがありますが、
みんな私の横に来たがるので、さすがに歩くのに邪魔にはなりましたけど。
基本、引っ張らないようにさせると良いわけです。
よく考えて下さい。
引っ張る愛犬をお持ちの方、ご自分の愛犬が6倍になったとき、果たして散歩できるでしょうか?
まずは絶対にできません。いくらプロレスラーだって、一度に強烈なパワーで一斉に引っ張られたら、ぶっ倒れますよ。でもやり方次第でこんな事ができるんです。

犬の散歩の仕方についてまだまだ私の自慢話・・・じゃなくて、散歩の説明は続きます。
この二人、ソニックとモネです。
私、この二人をよく連れて遠い場所にある公園に散歩にでかけていました。
これを見て下さい。リードなし。・・・捕まるかも・・・・そう思いながら平気な顔して散歩させています。
これも散歩ですよね。ちゃんと私についてくるのです。
こんな光景に憧れていらっしゃる方、多いのではないでしょうか?努力次第ではこんなこと楽勝なのです。
さてさて、前置きがもの凄くながくなりましたが、散歩のしかたについて書いていきます。

犬の散歩の仕方についてこの画像、初めての散歩で、撮影したんですが、
チェックする項目は、私の手とリードの持ち方、それにこの子の首に繋がれた首輪の位置をご覧下さい。
ただし、この子は生まれて初めてのリードと首輪でしたので、散歩をするときの歩き方が解っていない子です。
ですのでちょうど参考になるかと思います。
但し、もの凄く重い(30MB以上)ので、ダウンロードに時間がかかると思います 。
これは私のやり方ですが、
散歩の基本は、まずリードを短く持ち、そして首輪(愛犬の首輪を付けている位置)と垂直に手を置きます。
首輪はできるだけ頭の方へ取り付けます。
散歩開始時には、必ず愛犬の頭を持ち上げるような感じで、地面の匂いを嗅いだりしないようにします。
そして散歩をしながら声をかけています。なんでも良いのです。「そうそう、よし!そうよ~」静かな声で愛犬に接します。
興奮させないように散歩をさせるのが基本です。このとき地面の匂いを嗅いでいると、興奮して自分勝手に歩いてしまいますし、その繰り返しによって引っ張りグセが付いてしまうため、頭を上げた状態でおこないます。
(画像のタイプのリードはオリジナルで作ります)
注意してみるのは、散歩をしている愛犬の頭です。
耳・目の動きに注意して下さい。
目は正面を見て、耳は、真横にいる飼い主の方を向いているかどうかをチェックして下さい。
耳が飼い主の方を向いていないときは声をかけて愛犬に飼い主の存在をアピールして下さい。
もし、視線の先と同じ方に耳が向いたとき、何か注目するモノ(犬や人、猫など)がありますので、その時はすぐに声をかけ、リードで合図を送るようにしてみてください。その注目するモノに興味を持たせないよう、飼い主の存在をアピールしながら歩きます。
そしてリードをやや愛犬の前に出して、愛犬に進んでいく方向を指し示すのです。
これの繰り返しで散歩をおこなって下さい。
ポイントは常に頭を上げること。匂いに集中してしまうと、興奮が続きます。むやみに引っ張り回されます。そして頭を上げた視線の先に表れたモノに対して驚き吼えます。ですので頭を上げた状態で視線を前方へ持って行くことで、愛犬が早めに気づき、そして飼い主の存在をアピールすることで、以外とすんなりと通り抜けることができます。
ムキになって引っ張り返したりすることのない散歩の姿勢の教え方です。これによって飼い主に対しての注目の仕方も増し、信頼関係もUPすることでしょう。
常に飼い主の存在を教えさせ、自分勝手な散歩をしてはいけないことを認識してくることでしょう。
もし引っ張ったとき、愛犬の頭上にある手を上に持ち上げると、力が前方へかかりにくくなり、以外と力を使わない散歩ができます。←ここポイント。

知ってて得する?ペット情報

犬の給餌・エサ・ドッグフード

  • ドッグフードの選び方
  • ドライフードの与え方
  • 軟便・下痢のとき
  • 犬の肥満
  • 与える水について

質問にお答えします。

  • おしっこが長い犬
  • かゆがる・脂性・毛が禿げる
  • あしをかばう・引きずる
  • 散歩に行きたがらない
  • 散歩中に吼える

This web site is Japanese only.Copyright©2003-2014 White Shepherds Alwayshere All rights reserved. Designed for Internet Explorer6.0 or higher.

大型犬ホワイトシェパード子犬販売 ホワイトシェパード専門犬舎通販だからこそできる仔犬販売後の徹底したサポートの提供を心がけております

アクセスカウンター

ソフトバンクのCMでお馴染みの白い犬ホワイトシェパードの専門犬舎として大型犬ホワイトシェパードに拘りを持ち、ホワイトシェパードのスタイルを追求するだけでなく、室内飼育できるような穏やかな性格を持つ仔犬に育てる為に刷込期間を大切に考えております。”ただの白い犬”ではありません!