ペット用品:しつけ用リード

ペット用品:しつけ用リードまだまだ余分な間がある・・・。もっと使いやすいモノを・・・。愛犬と飼い主とを繋ぐ一本のリードに色々な気持ちを込めて現在試作段階のしつけ用リードの裏話です。
リード編はこちら | 首輪編はこちら | 消臭剤・消毒剤・汚れ落とし

ペット用品:リード編

ペット用品:超短い首輪超短い首輪の商品前段階の裏話
さすがにコレは短い!なんだこの短さは!
自分でもちょっとやり過ぎなんじゃない?そう思える商品を開発中です。しかもこれは私の手で長さ・形状などを決めるのですから、かなり時間がかかっています。
従いましてサンプルを作り終え、それをモニターになっていただき、そして報告していただきました。
その間も改良点などを考えながら同時進行中の超短い完全しつけ用リードです。
これはもの凄く愛犬と一体感を得ることができるリードです。あの65cmチェーンとの組み合わせによって、リードの遊びがなくなり、もっとしっかりとお互いの存在を感じることができます。実は休日にオーナー様方と集まり、バーベキューしたとき、お一人のオーナー様が散歩で引っ張られているのでということになり、このリードを試したんですよね。するともの凄く引っ張るどころか、まったく引っ張らない。
冷静に散歩させることと、ほんのちょっとでも前に行こうとする前にすぐに飼い主を意識させるための合図が送れるのです。それで常に冷静に散歩させられるんですね。
これは良いぞ!ということで、このままの形状で、長さをちょっと考え直して、サンプルを作ろうかと思っています。この長さですと、革と革の接合部分がとても弱いんですよね。そこであえてグリップとなる結び目を作りましたところ、強度的にも耐えられ、そして力が凄く入ることが解りました。
そこでこんな形となりました。どこにもない形状です。これは凄い短いリードができ、そして力が入りやすいため、ちょっとした引っ張りに対し、敏感に反応できるようになります。
これが私の考えるペット用品なのです。ペット用品とは、便利じゃないといけないのです。そして使ってみて初めてその効果に驚いていただくのが、私に考えるペット用品なのです。
自分一人じゃダメですから、週末のお勉強会に参加される方に使ってみて!とお渡しし、その効果を確かめていただいております。
それでご報告がありました。
一日目の散歩では、引っ張って歩きたがり、それをストレスと感じて、ひどい下痢になったそうです。
そして翌日になると、飼い主を意識しだすようになり、自分で歩調を合わせるようになったそうです。
そしてけっこう顔を見るようなったそうです。
散歩でこれだけの違いが現れるということは、お互いの関係を築き始めているということです。
歩きながら振り向いて顔のチェック、これは飼い主の存在を気にしているからであり、しっかりと愛犬が飼い主のことを意識しているということです。ですから、冷静に落ち着いて散歩するんですよね。
散歩の基本は意識させること。これなのです。
それを市販のリードではなかなか出来ない。そこで大型犬用(ゴールデンとかでも結果がでているようです。)としてこの子達を更に愛情たっぷりの子として過ごすことができるようにと、考えたリードを開発しています。
お互いの感情を読み取るためのアイテムとしてリードというのはあるのです。
それをどういうわけか、繋ぐためのモノとしての考えが一般的になっているようで、そのような方からこのリードを見ると、常識外れなリードに思われることでしょう。だって、30cmリードでもお使いになる前にこれはムリともう一つの色違いの注文をキャンセルされましたから。そして翌日に使ってみて、意外と良いから再度注文となったくらい、
見た目では常識外れかもしれませんが、意外と意外なんです。
そりゃ~、自分で使ってみて、これならいける!そう思っただけでなく、他の方にもモニターとして報告をいただいていますからね。
そんなこんなで、この商品は、リードとしての概念を打ち崩すためのリードとして、形状もちょっとお洒落になったかな?的なものにしたいと思っています。
もちろん、リードの手に入れる部分から飛び出した革のヒモの部分もでデザインとしてだけでなく、ヒモが出ている部分から手を差し込み、そしてグリップを握りやすいようにあえてそのままにしています。
持つ方向まで決まっているのが、このリードの特徴です。
そしてよりしっかりと飼い主を認めさせるための散歩用であり、しつけ用のリードとして商品化します。
ちなみにこのしつけ用リードシリーズのモニター様は、すべて女性の方なのです。
これでしっかりと関係を築けば、私のモネやソニックやその他の子のようにわざと小型犬のリードをつけて散歩する余裕が飼い主にもできてきて、何でもやれる!きっとそう思われるようになることでしょう。
基本を教えていくとき、そのときは一頭一頭での散歩にしてください。
その基本が出来た後、複数頭飼育のかたは、とても簡単に何頭でも連れて歩くことが出来ようになります。
私が10頭以上をまとめて散歩できるくらいになるのですから、散歩のやり方ひとつで変わってくるものなのですよね。しつけ用とななっていますが、これはあくまでもペット用品としてのネーミングであり、本当は信頼関係を築く用リードなんですけどね。
リード編はこちら | 首輪編はこちら | 消臭剤・消毒剤・汚れ落とし

This web site is Japanese only.Copyright©2003-2014 White Shepherds Alwayshere All rights reserved. Designed for Internet Explorer6.0 or higher.

大型犬ホワイトシェパード子犬販売 ホワイトシェパード専門犬舎通販だからこそできる仔犬販売後の徹底したサポートの提供を心がけております

アクセスカウンター

ソフトバンクのCMでお馴染みの白い犬ホワイトシェパードの専門犬舎として大型犬ホワイトシェパードに拘りを持ち、ホワイトシェパードのスタイルを追求するだけでなく、室内飼育できるような穏やかな性格を持つ仔犬に育てる為に刷込期間を大切に考えております。”ただの白い犬”ではありません!