施設から引き取ってきた小型犬が噛みつく

「飛びつく」「触ろうとすると噛みつく」「人になれない」「注意すると逃げ回る」
そんな悩みを抱えた方からの相談がありました。
この子は実際に会ってみたところ、完全に人間を信頼していなかったのです。頼ろうともしていません。勝手気ままに育ったせいでしょう。まだ若い子でしたが、施設に引き取られた理由はお聞きしませんでしたが、
この触ろうとすると噛みついてくるクセ。これがどうしようもなく目立ったのです。
パニックを起こしたとき、背中を触ろうとする飼い主さんまでも噛みつくのですから、完全に買い主を頼りとしていないこと、人間というものをまったく理解していないことに気づきました。
怯えているかというと、確かにおびえというか多少の緊張は感じます。しかし、これが神経質な性格からでているのかというと、そうではなく、普通に何もしなければ、単に人間という生き物を理解していなかっただけでした。
そういった子でしたから、自分の好きなように生活し、そしてそれに飼い主さんは振り回されていたのです。
そこで、原因である人間という生き物の再認識をさせることにしました。
私が捕まえようとすると暴れ狂う小型犬の子。
大型犬ホワイトシェパードを見慣れてしまっている私ですから、まったく恐怖を感じずにいました。
暴れ狂いながら、噛みついてくるのですが、これは完全に立場の入れ替わりが起こっていたのです。行動がまるで怯えなど感じさせず、ただ触るな!と思い切り主張する行動・仕草を見せていました。
リードをしていてもなかなか捕まえることができず。といいますか噛みついてきますので、とりあえずスキを見せたとき、この小型犬の子を捕まえ、すかさず犬の感情表現法である、上位の立場の子が、まるっきり敵わない下位の立場の子に対して見せつけるボディーランゲージを施しました。
それでも暴れようとする小型犬。理解させるには力を抜くまでおこなわなければなりません。
このやり方は、コツがありますし、やり方を間違えれば、ただの遊びとなってしまうこともあります。ですので、ここでは公開しません。
そうやってその姿勢を貫き通していますと、やがて折れます。そしてフー・・・、とため息をつき(冷静になったということです)力を抜くのです。
そしてそのまま上位の子が取る姿勢を崩さずに、人間というものへの意識、立場の違いを再認識させるために、そのまま続けました。
2分ほどして、ゆっくりと人差し指で触れているとその姿勢を崩さないまでに意識をし出し、次第に下位の立場の子がとる仕草になってきましたので、指を離しました。
そうすると、その小型犬の子の表情に落ち着きが出てきて、動きも勝手な動きをせず、冷静に行動するようになりました。
それから何もせず色々と飼い主さんへその子の気持ちを伝え、その解決策が今の行動であること、そしてそれがどのような意味を持つかなどを説明し、今後の生活での接し方を変えることをお話ししました。
 とりあえずその子の行動の変化を飼い主さんに理解して貰うために、このやり方の前の状況と、今の状況の変化を説明しながら、その行動の変化に驚きつつ、納得していただけました。
しばらくして、私が顔を近づけると、ペロリ。優しくそっと顔を舐めてくれました。
今まで人間というものを間違えて理解していたこと。それに気づいた小型犬の子の動きの緩やかさ。
触ろうとしても触らせてくれなかった子が、力を抜いてじっと飼い主さんの側にいて、人の顔まで舐めるまでになったこの変化に、飼い主さんも相当驚きを隠せずにいました。
これが犬の言葉を使った再認識方法です。
「人間」との立場の違いを再認識させる。これでおっしゃっていた悩みは解消されたようです。
・・・他にもクセはありそうですが、それ以上はおっしゃらなかったので、それで終了となりました。
まあ、これは多くの方がこれをご覧になっていらっしゃったので、その変わりようもご覧になりましたので、犬の言葉の不思議な力を感じられたことでしょう。

電話では理解ができない

実際その場で見てみないと何とも言えないですが、お電話をいただくと、どうしても飼い主からみた愛犬の行動を、まるで日記のようにおっしゃいます。
まあ、参考になりませんのでこれは軽く流します。そしてその原因に対して、愛犬の行動・仕草をこちらからお聞きします。ただ、それだけでも完全には理解できないことがあります。それは愛犬の行動はご覧になっていても、細かな動きに気づかれていないからなのです。
この細かな動きが、どのように感じているのかを理解するためにはとても重要なのです。
そして実際にあったとき、完全に勘違いをしていることに気づかされるのです。
それが行動に表れています。そして説明します。最初は何のことだかさっぱり解らずにいた飼い主さん。
そしてその子の態度や行動・仕草を見て、普段はこんな行動するでしょ?こういった事もするでしょ?それはこうだから・・・。それで気づかれるのです。犬の言葉の意味を。
これが非常に大切なのです。犬の気持ちを知ること。じつはこれって今まで多くの参考書やDVDが、いかに間違っていたか、いかに人間主体のものの考えに凝り固まっているか、それに気づかれると思います。
そのため、なかなか問題行動が治らないのです。
確かに時間を掛けなければならない子だってあります。再認識の数があまりにも多い子も存在します。あまりにも多いというか、まったくありとあらゆるものに対しての経験不足であるために、時間を必要とする子もいます。
経験不足のためにどうやってよいか解らないのです。確かに訓練のほうが、ずっと早く矯正されるかもしれません。ですが、私たちは一般家庭犬を求めているのですから、犬らしい行動が取れる子に育てなければなりません。
それは無理矢理教えるのではなく、愛犬に気づかせ、そして間違って覚えてしまったことを、自分の考えで改めなければ、本当に原因が解決したことにはならないのです。
臭いものには蓋をしろ。無理矢理にその問題行動を押さえ込んでもダメなのです。愛犬自ら考えて認識を改めなければ、本当に解決したことにはならないのです。そしてその蓋がいつ取れてしまうかわからないのです。
これが訓練に出してもまったく意味がなかった。これをよく耳にするのは、本当の原因は「実は飼い主」にあることを理解されていなかったからなのです。愛犬にはまったく問題ありません。原因は飼い主にあったのです。
そこで、こうやって訪れてこられる方に対して、それとなく普段の接し方を改めるようアドバイスをしております。
だってはっきり言えませんよね、本当の原因は「あなた」ですとは・・・・・。

他では味わえない!ホワイトシェパード関連情報

This web site is Japanese only.Copyright©2003-2014 White Shepherds Alwayshere All rights reserved. Designed for Internet Explorer6.0 or higher.

大型犬ホワイトシェパード子犬販売 ホワイトシェパード専門犬舎通販だからこそできる子犬販売後の徹底したサポートの提供を心がけております

アクセスカウンター

ソフトバンクのCMでお馴染みの白い犬ホワイトシェパードの専門犬舎として大型犬ホワイトシェパードに拘りを持ち、ホワイトシェパードのスタイルを追求するだけでなく、室内飼育できるような穏やかな性格を持つ仔犬に育てる為に刷込期間を大切に考えております。”ただの白い犬”ではありません!