犬の感情を感じよう

ホワイトシェパード知れば満ち足りた生活が待っている
この画像、子犬が首をかしげていますよね。こんな仕草はとってもかわいいものです。大きくなってもこうやって首をかしげる。大きくなってもやはりとってもかわいい仕草です。
思わず笑みが出てくることでしょう。
しかし、それで終わっていませんか?
この首をかしげる行為についての意味をご存じですか?
初めて聞く音に対して興味を持ち、理解しようとしているところです。
この仕草をよく見てみますと、
目の方向と同じほうへ耳を傾けています。そして僅かに耳と耳の間隔が広くなっています。さらに動きがない。じっとその場にいます。
こういったとき、緊張や不安が無いということが伺えるかと思います。リラックス状態であるということです。
不安や緊張を持っていると、このような仕草はしません。
ということは、このような状態の時、犬はリラックスをしているということです。
そして知らない事に対しての認識をしています。このときにやたらと声を掛けたりせず、笑顔で眺めていましょう。
こうやって愛犬は人間社会での知識を蓄え成長していきます。
緊張・不安を感じるとき、犬はアクビをします。そしてその緊張が増すにつれ、鼻水を垂らしたりよだれが出てきたりします。そして極度の緊張・不安を持ったとき、嘔吐・便をしてしまいます。
車酔いが良い例です。車の中から見える景色、雑音といったものに対して緊張・不安を抱えているのです。
落ち着きが無くなり、ヒンヒンと鼻を鳴らしたり、そうやって不安や緊張を現しているのです。
そのような時、側にいて不安・緊張を和らげてあげることです。触れながら声をかけながら・・・。不安・緊張に対しての意識を飼い主を意識させるほうへ持っていくのです。大丈夫だよって。
アクビといっても不安・緊張を抱えている気持ちだけを現しているわけではありません。
まったく異なる意味を持つアクビもあります。これは飼い始めて観察してみて下さい。
どういう理由でなのか・・・とっても簡単です。すぐにお解りになることでしょう。私たち人間と変わらないなぁ。そのように思われることでしょう。
こうやって犬の仕草・行動から色々な感情を読み取ることができます。
それを生かした育て方をすれば良いのです。
例えば怖がったり不安なとき、それに耐えきれず唸ったり吠えたりします。
その時に皆さんならどうしますか?
おそらく「吠えたらダメ!」と注意することでしょう。
しかし、この注意によって飼い主の声にますます緊張の度合いを高めてしまい、パニックを起こすこともあります。
恐怖を感じるモノへの緊張と飼い主への緊張がプラスされるのですから。
そのようなときは、まず冷静にさせること。
これが大事です。意識が対象となるモノに対して強く向いていますので、その意識を飼い主の方に強く傾く付き合い方をすれば良いのです。それが信頼関係を築くということです。これは別のページで記載していますので、そちらをご覧下さい。
こうやって行動や仕草を観察し、犬の気持ちを理解し、役立てることがしつけの基本です。
愛犬の細かな仕草に感情が隠されているのです。それを読み取り、愛犬の気持ちを理解することが大切です。
愛犬の気持ちを理解していないと、散歩中に別の犬が通り、愛犬が吠えかかっていくので、別の散歩コースを作る。あるいは時間を変えるなどを工夫をされるかもしれません。
ですがその問題は愛犬が解決できる環境を与えないと本当に解決することが出来ません。
その時の愛犬の仕草や行動を観察し、それがどのような意味を持つことなのか。
これが「犬の言葉」です。
(※犬の言葉については、別サイトホワイトシェパード観察日記で書いていますのでご参考に。)

愛犬の悩みについて

ブリーダーの知識や経験を頼りとされるように
当犬舎は頑張っております。犬についての色々な知識を経験し、そのすべての情報を公開するつもりで、関連サイトを含め、日々ページ数を増やしておりますが、まだまだ作りかけのサイトも存在しています。
知識と経験、それは改良のための繁殖だけでなく、犬の社会性についての知識を生かす管理。
それは群れでの生活。汚れても構わない。毎日成犬から生後1ヶ月の子犬まで、共に生活させることによって子犬たちは犬として生きていくための感情表現を学びます。そのときの行動を観察していると、犬の感情表現を理解することができ、それがどのような意味を持つのか、そしてそれを育て方に生かすためにはどのようにすればよいのか。それを考え続けた結果、あることに気づいたのです。
それが「犬の言葉」です。
この犬の言葉を使って接していると、とても強い信頼関係を築くことができるようになりました。そして実に一般家庭犬らしい子に育つということも。
訓練では決して出せない人間くさい犬らしい子に成長するのです。
これが当犬舎が考える犬と人間の関係なのです。
本来犬という生き物は、色々な環境に順応する能力の高い生き物です。
ですからそれぞれのご家庭の良さが現れた子に育ちます。
ですが、そのしつけの仕方を間違えてしまうと、様々な悩みに直面します。
その悩みを一人で抱え込むのではなく、誰かに相談されます。
その一人がブリーダーであったりします。
そのブリーダーがこう答えます。
「それは避妊しないといけない」「訓練に出さないといけない」と・・・。
犬のことをよく知っている人だからと素直に従います。
すると、まったく意味がなかった・・・。
それは間違った教え方だからなのです。それでは本当の犬らしい子に育つことはまずあり得ません。
それよりも犬の言葉に耳を傾け、愛犬の気持ちを正しく理解することが解決の早道なのです。
しかし、それに気づくことが一番の早道なのです。
当犬舎は決してそのようなことを言いません。
むしろ避妊や訓練に対して否定的な考えを持っています。その理由は、各関連サイトにも記載しています。
ブリーダーとして真実の言葉を使って、堂々と否定しています。
その根拠となるもの。
それは当犬舎に遊びに来ていただかれると理由がはっきりすることでしょう。

This web site is Japanese only.Copyright©2003-2014 White Shepherds Alwayshere All rights reserved. Designed for Internet Explorer6.0 or higher.

大型犬ホワイトシェパード子犬販売 ホワイトシェパード専門犬舎通販だからこそできる仔犬販売後の徹底したサポートの提供を心がけております

アクセスカウンター

ソフトバンクのCMでお馴染みの白い犬ホワイトシェパードの専門犬舎として大型犬ホワイトシェパードに拘りを持ち、ホワイトシェパードのスタイルを追求するだけでなく、室内飼育できるような穏やかな性格を持つ仔犬に育てる為に刷込期間を大切に考えております。”ただの白い犬”ではありません!