引っ張らない散歩

ホワイトシェパード羨望の眼差しで見つめられる!
大人しくゆったりと散歩する大型犬。
そんな光景を見たら誰だってそう見えるはず!
まずは画像を見る前に文章をご覧下さい。
散歩に連れ出したとき、引っ張りグセのある愛犬をお持ちの方は愛犬の首をご覧になって下さい。毛が痛んでいる場所を確認してください。
大多数の子が、首の根元の毛が痛んでいることにお気づきですか?
どうしてその場所が痛むのかというと、
頭を下げて引っ張るからです。ホワイトシェパードという犬種は、姿勢が低い歩様を見せます。その際、低く頭を下げて歩くのですが、この犬種の特徴である・・・といいますか、当犬舎の子たちの特徴である、体型の違いによる地面を掻く力が強いためなのです。
そこで頭を上げさせてみると、力が入らず、さらに匂いを嗅いで興奮することなく、すんなりと散歩をさせることができることに気づかれると思います。
しかし、引っ張りグセのある子というのは、頭を下げて引っ張ろうと、更に力を入れて、頭を下げようとします。
そこで、リードと首輪の上手な使い方を説明します。
当犬舎は、引っ張りに対し、ガツンと思い切り引っ張るタイプの訓練系の教え方を否定していますので、この方法で難なくクセを取り除くほうが、遙かに簡単です。
まず首輪を犬の頭の後ろ、つまり頭と首の付け根に首輪の位置をずらします。
今までは首の下側に付けていた首輪を、首の上に取り付けるのです。
そしてリードをつけます。
このとき、画像のように後ろにリードを回して肩にかけ、そして右手でリードの先端を持ち、右手と左手の力を使って楽々と頭を上げさせることができます。
この方法は、体全体を使って愛犬の力に耐えることができますので、左手にリードを持った散歩よりも、対処しやすいし、頭を上げさせることにより、引っ張ろうとする力が使えない状態になります。
そしてさらに興奮をさせることなく散歩が出来るようになります。
主に興奮する子というのは地面の匂いを嗅ぎたがる子です。そういう子ほど、頭が下に下がっていますし、下げることにより生み出される強烈な引っ張りに対処できるリードの使い方です。
頭を上げて散歩をすることを最初から心がけてはいらっしゃるのでしょうけど、いつの間にか頭を下げて歩くことが当たり前のようになり、それから生み出される引っ張りグセに悩まれている方へ、是非一度試してみて下さい。
納得されることでしょう。そして以下に記載していることが、いかに間違ったやり方なのか愛犬のことを思い浮かべて考えてみて下さい。

勘違いの多さ

訓練とは?
当犬舎のホワイトシェパード一般家庭犬に相応しい子たちとして販売しております。
当犬舎の目的は、一般家庭犬としての素質を持つ子犬に育て上げ、販売することなのです。
ですから、人間的心理に基づいた現在の訓練方法を完全否定しています。
当犬舎では犬の心理に基づいた教え方に拘りを持ち、またその方法が早期に教えることもでき、そして犬自身が考えて問題を修正することに繋がり、結果、一般家庭犬らしくおっとりとした性格を持つ愛犬に育て上げることが出来ます。
引っ張りグセを矯正するやり方で、もの凄い力で引っ張り返すやり方を何度も何度も果てしなく続けるのが訓練。
何の根拠もなく体罰的要素を含んだじつに人間らしいやり方です。
ところが、上の方法ですと、その瞬間から引っ張りが弱くなっていることに気づかれるはずです。
そしてその頭を上げて散歩をするクセを付けることが、引っ張りグセの修正になります。
こういったやり方の違いは、ほとんどすべてにおいて現れます。
そもそも、しつけとは、人間勝手な方法で、無理矢理教えた言葉であって、犬自信が自分で納得し行動する方法ではないわけですから、必ずどこかでボロがでるのです。訓練のように強制するのではなく、犬自身で納得させて自分で学ぶやり方の方が、断然ボロが出にくいのです。
今までの方法は当たり前と思われていらっしゃる方が多いのは事実。しかし、それよりも早期に解決する方法もあるのです。それが犬の言葉を使う、犬の感情を上手に利用する教え方なのです。
詳しくはホワイトシェパードの観察日記に書いているとおりです。ご参考に。
当犬舎では絶対に言います。
「訓練に出してロボットのような子に育てたいのなら訓練に出しなさい」と。

This web site is Japanese only.Copyright©2003-2014 White Shepherds Alwayshere All rights reserved. Designed for Internet Explorer6.0 or higher.

大型犬ホワイトシェパード子犬販売 ホワイトシェパード専門犬舎通販だからこそできる仔犬販売後の徹底したサポートの提供を心がけております

アクセスカウンター

ソフトバンクのCMでお馴染みの白い犬ホワイトシェパードの専門犬舎として大型犬ホワイトシェパードに拘りを持ち、ホワイトシェパードのスタイルを追求するだけでなく、室内飼育できるような穏やかな性格を持つ仔犬に育てる為に刷込期間を大切に考えております。”ただの白い犬”ではありません!